文字とデザインにこだわる、それがレイラインパブリッシングです。 スタッフの鋭敏な感性と豊かな想像力で1冊1冊の本を大切に作り続け、読者にお届けします。ただ今10月11日発刊arc15号購読受付中


ホーム >> Japan Times 記事

Japan Times 記事

2003年6月29日

誰の援助もなしに始まった困難なプロジェクトのスタート
Going it alone
― そのプロジェクトとは ―

「憂鬱から明るさへ読者を開放する雑誌アーク:ARCの発刊」
‘to lift the gloom’





永年、日本の雑誌業界に不満を抱いていた東郷禮子は、「雑誌は単なる広告媒体となり、私が読みたいと思う雑誌は一冊もない」という。

「今日、雑誌の数は多いものの、ほとんどの内容がうすっぺらだから、雑誌など読む必要性がないと、読者はテレビやインターネットに鞍替えしている」とアーク・ライターの東郷(57才)は言う。

だが、東郷は不平を言うだけではない。同じ意見を持つ複数の女性とともに、自分たちで新しい雑誌、「アーク」を出版することにした。

「アーク」は季刊で、昨年10月に創刊された。ページ数は100ページ余、ほとんどがカラー印刷でイラストもある雑誌である。現在は各号1万部近くを販売しているが、東郷編集長の夢はもっと大きい。「ざっくばらんに言って今は赤字です。しかし明確な哲学をもつ雑誌として、日本の雑誌業界に新しいビジネスモデルを作り上げることを目指しています。購読者数を少なくとも3万にふやしたいですね」と語る。

「私は、雑誌アークの哲学―さまざまの境界を飛び越える―には自信を持っています。近い将来英語版を出す予定で、充分、資金を作るためベストを尽くします。できれば、イタリア語版やドイツ語版も出したいと考えています」

その夢に向かい、現在、ほとんどの記事の冒頭に英文サマリー(要約)をつけている。それは、海外にいる日本人読者が、土地の友人や読者の(日本語が難しい)パートナーにアークを見せたり、内容を理解してもらうときに役立つからだと東郷は言っている。

このように明確なビジョンを持っているにも関わらず、レイライン(有限会社レイライン・発行元)は、日本の雑誌市場への参入が大変難しいことを知る。特に大手取次店のトーハンや日販は、小さな出版社の真面目な雑誌では多くの読者を得る事が難しいと、新しい雑誌の取り次ぎを断った。そこで、東郷と同僚は、紀伊国屋をはじめとする有名書店など多くの書店と直接交渉し、雑誌の販路を開拓し、現在もその努力を続けている。

「雑誌アークの目標と基本的スタンスは、知的な刺激や衝撃を与える雑誌を作りたいということであって、そのため意図的に反体制スタンスを取るつもりはありません」

この目標を実現する方法として東郷が焦点をあてようとしているのは、日本人、外国人を問わず、その理念や生き方が21世紀に生きる人々の思考と一致したり、心の糧となったりする人々である。毎号、雑誌「アーク」には「日本人をもっと知ろう」という記事があり、そこでは特定の人物とそれにまつわる人々が登場する。

創刊号は野村胡堂(1882-1963)氏を取り上げた。氏は江戸時代の岡引・銭形平次の作者として、また音楽評論家としても有名であるが、新しい世界文化の構築に寄与する人材育成のため奨学資金財団を創設し、東西文化交流を助成したことは知られていない。創刊第2号は、岡山県出身の企業家・大原孫三郎(1880-1943)氏である。氏は大原社会研究所や大原美術館の創設をはじめとして、社会福祉や教育分野で慈善事業を行った人である。創刊第3号では、第二次世界大戦後の前衛芸術のリーダー、岡本太郎(1911-96)氏、氏の父親で大正時代のコマ漫画会のリーダー、一平(1886-1948)氏と母親であり、詩人で作家の岡本かの子(1889-1939)氏を取り上げている。

東郷編集長は自らを「炎の編集長」と称し、毎号20ページにのぼる「炎の編集長インタビュー」を掲載している。東郷は、創刊号ではタレントでフェミニスト作家の遙洋子氏、第2号では著名なフェミニストであり社会学者でもある東大教授の上野千鶴子氏、第3号では経済小説や近代日本の歴史小説の作家・城山三郎氏にインタビューしている。

一方、アークの視点は、日本や現実の世界だけにとどまらない。第2号ではJ.R.R.トールキンの「指輪物語」から魔法使いのガンダルフと「星の王子様」の著者サン・テグジュペリを、第3号ではアナイス・ニンとカール・グスタフ・ユングを取り上げている。

また、アークはイギリスのパブや諸外国・地域の写真、旅行記、詩、本・映画評論、私の町のほっとスペース、この出版社レイラインがある川崎に住む野良猫がヒロインの物語・チャコロードなどが連載されている。東郷の説明によれば、この雑誌の創刊の背景には、左翼系週刊誌の読者としての不幸な経験があるという。

「私は、『週刊金曜日』の創刊以来の定期購読者でしたが、それを読めば読むほど気分が落ち込みました。何の希望の光ももたらさないように思えたからです」 

「中には、硬直した思想や1960年代や1970年代の日本の反体制知識階級の価値観が、いまだに影を落としている総合雑誌もあるような気がします」

確かにアークは日本を越え、海外にも目を向ける努力をしているが、過去、現在の日本人パーソナリティにも重心を置いている。それについて東郷は、何の弁明もしていない。

「私は、世界にアピールする考え方や生き方をする日本人がおり、そうした考え方や生き方が私たちに希望を与えることができると思っています。そういう方々は、生者、故人にかかわらず、私どもの読者に紹介するにふさわしいと信じています」

「このような日本人や日本文化の側面を深く掘り下げることで、私は、日本の文化がさらに広く世界に関係していると言いたいのです」

しかし、アークの興味の対象が多岐にわたるのが一番のとりえではある。このように純粋に「一般的な」雑誌が、ごく限られた読者の要求に応じることなく生き残れるのかどうか予測するのは興味深い。確かに東郷のジャーナリズムに対する意気込みがなんらかの指標になるなら、成功は保証されるということだろう。

なぜなら、東郷自身が言うように、「社会現象や国際政治にはじまり、個々人に関する事柄にいたるまで題材が不足して困ることなどありません。しかしこれら諸々の事象には、これまで一定の角度(固定角)からしか光が当てられてきておりません」(一定の視点から観たリポートしかなかった?)

「私たちは従来とは違った視点で対象にアプローチし、深く突っ込んだ取り組みをしたいと考えています。掘り下げれば掘り下げるほど、多様な形の取り組みができると考えています。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


Sunday, June 29, 2003

ARC

Going it alone ‘to lift the gloom’

By TAI KAWABATA
Staff writer

Reiko Togo has been very dissatisfied with Japan’s magazine industry for a very long time. “Magazines have become just vehicles for advertisements, and there are none I want to read,” she says.

As a writer herself, 57-year-old Togo feels that despite the vast number of titles available, “their contents are so weak that people feel there is no need to read them, so instead they just watch television or browse the Internet.”

But unlike most of Japan’s millions of malcontents, Togo and several other like-minded women got together and decided to act — to form a publishing house to launch a new magazine themselves.
The outcome was Arc, a quarterly they launched last October with more than 100 glossy pages — almost all of which carry color photos and illustrations.

At present, sales of Arc are approaching 10,000 copies of each edition. However, as chief editor of Leyline Publishing Co., Togo’s ambitions for Arc are greater still. “Frankly speaking, we are in the red now,” she says. “But we are trying to build a new business model in Japan’s magazine industry with a clear philosophy. I would like to see the readership climb to at least 30,000.

The cover of the second issue of Arc, which aims to “transcend national boundaries.”
“I am confident that our philosophy transcends national boundaries. We will do our best to generate enough money to publish an English edition in the future. If possible we would like to publish editions in other languages too, like Italian and German.”

For the moment, however, such ambitions are limited to short summaries in English at the start of most of the articles, which Togo explains are for readers living abroad who may want to show Arc to friends there, and also for those with foreign spouses, so they can understand what it is all about.

Despite having such a clear vision, though, Leyline soon found out just how hard it is to get into Japan’s magazine market at all. In particular, the major magazine distributors Tohan and Nippan refused to handle the newcomer — on the grounds that it was a serious magazine put out by a small company and would face difficulties in getting a large readership.

Undeterred, Togo and her business partners set about creating their own marketing network by approaching major bookstores including Kinokuniya Bookstore directly. They have also been able to arrange for many copies of Arc to be delivered direct to subscribers by trucking companies.
Speaking of the magazine’s goal and basic stance, Togo says, “We would like to make a magazine that is intellectually stimulating and explosive. But that doesn’t mean we deliberately take an antiestablishment stance.”

Editorially, her approach to realizing this goal is to focus on people — both Japanese and non-Japanese — whose ideas and way of living “are in tune with and provide food for thought for people in the 21st century.”

Each issue of Arc has a section called “Let’s learn more about the Japanese,” which profiles a particular person and his or her associates. The first issue featured Kodo Nomura (1882-1963), a novelist and music critic best known for his popular stories of Zenigata Heiji, an Edo Period detective — but who also established a scholarship fund to nurture people who can contribute to building a new world culture, and to foster exchanges between cultures of the East and West.

In its second issue, the magazine featured Magosaburo Ohara (1880-1943), an entrepreneur from Okayama Prefecture who made contributions in the social and education fields, including founding the Ohara Institute for Social Research and the Ohara Museum of Art.

In its third issue, Arc turned its attention to Taro Okamoto (1911-96), a leader of Japan’s postwar avant-garde art movement; his father Ippei (1886-1948), the leading cartoonist of the Taisho Era (1912-1926); and his mother Kanoko (1889-1939), a poet and novelist.

Togo, who nicknames herself “editor of burning passion,” also carries an in-depth, 20-page interview in each issue.

To date she has interviewed TV personality and feminist writer Yoko Haruka; Chizuko Ueno, a University of Tokyo professor who is a leading feminist sociologist; and Saburo Shiroyama, who writes novels set in the business world and also books on modern Japanese history.

But Arc’s horizons aren’t limited to Japan — or even the real world. In the first three issues, it ran articles about Gandalf the Wizard from J.R.R. Tolkien’s “The Lord of the Rings” as well as ones about “Little Prince” author Antoine de Saint-Exupery, Anais Nin and Carl Gustav Jung. The magazine also has regular features on pubs in England, photo-features on foreign countries and regions, illustrated travel essays, a poetry section, book and movie reviews, a section called “A Hot Place in Town,” and “Chako’s Road,” an ongoing fiction story whose heroine is a stray cat living in Kawasaki, where Leyline Publishing Co. is located.

Behind the magazine’s approach, Togo explains, is her unhappy experience as a reader of a quality left-leaning weekly. “I was a subscriber to ‘Shukan Kinyobi [Weekly Friday]‘ from the first issue. But the more I read it, the gloomier I became because it didn’t seem to offer any rays of hope,” she says. “I feel that the rigid thinking and values of Japan’s antiestablishment intellectuals of the 1960s and ’70s still cast a shadow over some general magazines here.”

Though Arc certainly strives to look beyond Japan, Togo makes no apologies for also placing emphasis on Japanese personalities, both past and present. “I think there are Japanese figures whose ideas and ways of living have a universal appeal and can give hope to this generation. And I believe such figures, whether alive or dead, deserve to be presented to our readers.

“By delving into such Japanese figures and aspects of Japanese culture, I would like to show that Japanese culture is relevant to the wider world.”

However, Arc’s interests are nothing if not broad, and it will be interesting to see if such a genuinely “general interest” magazine can survive without catering to a narrower readership.

Certainly, if Togo’s enthusiasm for journalism is any indicator, its success should be assured, for as she put it herself: “There is no shortage of topics — from social phenomena and world politics to what is happening among individuals — but light has been shed on these things only from fixed angles.

“We would like to approach things from different angles and look in depth. And the deeper we dig into things, the more varied ways we find of looking at them.”

The Japan Times (C) All rights reserved

●arc世界連邦政府憲法 試案
●arc THE CONSTITUTION OF
THE UNITED WORLD GOVERNMENT
TENTATIVE PLAN
●arc世界連邦政府憲法
試案/Q&A



新刊案内

2015.10.7 arc19号発刊!
arc19 2014.10.7 arc18号発刊!
arc18
2013.10.13 arc17号発刊!
arc17
2013.5.30
 『ハラハラ、ドキドキ、
 なぜ歩くの、智恵子さん』
 発刊!
arc15
2013.3.21
『進化する政治経済学』発刊!
arc15
2012.10.12 arc16号発刊!
arc17