文字とデザインにこだわる、それがレイラインパブリッシングです。 スタッフの鋭敏な感性と豊かな想像力で1冊1冊の本を大切に作り続け、読者にお届けします。ただ今10月11日発刊arc15号購読受付中


ホーム >> 編集長のブログ >> 右脳と左脳

編集長のブログ

右脳と左脳


最近、複数の友人から勧められる本の内容が、どういうわけか右脳と左脳について書かれたものが多い。
昔、マーシャル・マクルーハンも少し違った観点ではあるが、この問題を書いていた気がする。
文明が大きくかわるときには、人々の意識の変容と、それにともなうパラダイムの変換が起るということは、これまでも言われてきたことであるが、状況的には、まるで20世紀に逆戻りしているかに感じられる世界のなかで、ある種の新しい意識の形態が、種々論じられることは興味深い。
右脳と左脳の問題は、人間の意識構造に深く関わる問題であるが、その機能的役割を論述したとしても、人間性全体としての意識の問題が、人間の生き方の多くの部分を占めているということが、人々の共通認識になるのは、まだ先のことだろう。

いずれにしても、arc11号(新創刊1号)では、このような問題を、詳細かつ大胆に取り上げ、個々の身に起っている事柄と、社会の中で起っている事柄が、意識の奥底で、どのように繋がりあっているのかを分りやすく記事にしますのでご期待ください。
なお、arc11号(新創刊1号)発刊は、11号からの内容の大々的改変により少し遅れますこともご了承ください。

                                               


コメント

●arc世界連邦政府憲法 試案
●arc THE CONSTITUTION OF
THE UNITED WORLD GOVERNMENT
TENTATIVE PLAN
●arc世界連邦政府憲法
試案/Q&A



新刊案内

2015.10.7 arc19号発刊!
arc19 2014.10.7 arc18号発刊!
arc18
2013.10.13 arc17号発刊!
arc17
2013.5.30
 『ハラハラ、ドキドキ、
 なぜ歩くの、智恵子さん』
 発刊!
arc15
2013.3.21
『進化する政治経済学』発刊!
arc15
2012.10.12 arc16号発刊!
arc17