文字とデザインにこだわる、それがレイラインパブリッシングです。 スタッフの鋭敏な感性と豊かな想像力で1冊1冊の本を大切に作り続け、読者にお届けします。ただ今10月11日発刊arc15号購読受付中


ホーム >> 編集長のブログ >> 巧言令色

編集長のブログ

巧言令色


この年末年始はテレビやビデオを見る以外は、散歩と読書の毎日で過ごした。本はウィトゲンシュタインの数冊の本。この数年、言語に関して考えることが多かったので共感するところも多かった。というよりこの問題はむしろこれからより重要になってくると思う。最近では、本来的には意味不明の「言葉」を自分の政治信条を語るときにイメージとして利用している政治家が多い。日本の首相は特にその傾向が強い。そして、巷には右に倣で、巧言令色を絵に描いたような人物が跋扈し、もてはやされる。「言語」は大事だ。「言語」を政治の道具として使い捨てるような政治家は、なんでも自分の道具として利用する。たとえばモラルさえも、歴史はそうした権力者がどのような道をたどったのかを教えてくれる。
巻き込まれるのが嫌なら、せめて自分の使用する言葉には敏感になろう。「よく考えれば何を言っているのか分からない、言葉を多用するより」せめて、ひとつでも自分の心情の中にある言葉を使って語ろう。そうすればきっと人と人のつながりはもっと密になる。難しい言葉でなくともよいのだ。日常的に使用する「ハラ空いた!」でも「わぁ凄い!」でも、自戒を込めてそう思う。


コメント

●arc世界連邦政府憲法 試案
●arc THE CONSTITUTION OF
THE UNITED WORLD GOVERNMENT
TENTATIVE PLAN
●arc世界連邦政府憲法
試案/Q&A



新刊案内

2017.10.18 arc21号発刊!
arc21
2016.10.14 arc20号発刊!
arc20
2015.10.7 arc19号発刊!
arc19 2014.10.7 arc18号発刊!
arc18
2013.10.13 arc17号発刊!
arc17
2013.5.30
 『ハラハラ、ドキドキ、
 なぜ歩くの、智恵子さん』
 発刊!
arc15
2013.3.21
『進化する政治経済学』発刊!
arc15
2012.10.12 arc16号発刊!
arc17