文字とデザインにこだわる、それがレイラインパブリッシングです。 スタッフの鋭敏な感性と豊かな想像力で1冊1冊の本を大切に作り続け、読者にお届けします。ただ今10月11日発刊arc15号購読受付中


ホーム >> 編集長のブログ >> 毎日新聞「余禄」

編集長のブログ

毎日新聞「余禄」


正月、「東京新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」3紙を読み比べた。普段は毎日、新聞3紙を読む体力も余裕もないので面白かった。なかで毎日新聞の「余禄」に共感した。芭蕉の歳旦吟(新春詠)「薦を着て誰人います花の春」から始まり、「異質な他者への嫌悪が幅をきかせ、貧者や虐げられた人への共感もやせ細っていくように見えるのは杞憂だろうか」と、さらに「芭蕉の見た乞食は新春をもたらした年神の化身かもしれない。この世の壁を超える聖なるものへの感覚をどうかよみがえらせててほしい2016年の年神だ。」と結ぶ。(中略)なんだか、最初から最後まで最近の私の心境と重なり、よくぞ、ここまで書いてくれたと「余禄」氏を跪拝したい気持ちになった。このところの、ざわざわとした空気に清らかな一陣の風が吹いた。ありがとう!


コメント

●arc世界連邦政府憲法 試案
●arc THE CONSTITUTION OF
THE UNITED WORLD GOVERNMENT
TENTATIVE PLAN
●arc世界連邦政府憲法
試案/Q&A



新刊案内

2015.10.7 arc19号発刊!
arc19 2014.10.7 arc18号発刊!
arc18
2013.10.13 arc17号発刊!
arc17
2013.5.30
 『ハラハラ、ドキドキ、
 なぜ歩くの、智恵子さん』
 発刊!
arc15
2013.3.21
『進化する政治経済学』発刊!
arc15
2012.10.12 arc16号発刊!
arc17