文字とデザインにこだわる、それがレイラインパブリッシングです。 スタッフの鋭敏な感性と豊かな想像力で1冊1冊の本を大切に作り続け、読者にお届けします。ただ今10月11日発刊arc15号購読受付中


ホーム >> etc, ニュース, プレス >> 3月21日arcニュースレターNO1メールにて配信!

etc, ニュース, プレス

3月21日arcニュースレターNO1メールにて配信!


本日3月21日より、毎月1回「arcニュースレター」をメール配信することになりました。
制作は20代前半の意欲満々の松本麻実さん。彼女のフレッシュな感覚で、どのようにarcが
紹介されるのかとても楽しみです。

───────────────────2014年3月21日
arc アーク ニュースレター    NO 1

─────────────────────────

皆様、新年度、いかがお迎えでしょうか。

さて、このたびarcでは、メールニュースを発行することとなりました。

arcをより深く知っていただきたい、という思いのもと、arcなコンテンツを毎月お届けしていきます。

今月のテーマは「21世紀を作る感性と想像力」です。これは、創刊号の「21世紀jは感性と想像力がキーワードになる」から引用しました。

――――目次――――

・初号の挨拶:東郷編集長

・ニュースレター作成、松本の自己紹介

・今月の人:レイチェル・カーソン 著書「センス・オブ・ワンダー」

・今月のニュース:編集部津田さんのツィッターに加筆

・レイラインパブリッシングからのお知らせ

 ●初号の挨拶 東郷編集長.
2014年3月から松本麻美さんがarcのニュースレターを作成してくれることになった。大学生だった松本さんからメールをもらったのは2年前。渋谷の喫茶店でお会いして、2時間くらい話したけれど、後日、回りの騒音で私の話がほとんど聞き取れなかったとか。“なんたること”と思ったが、言葉以上に初対面の彼女の印象が良かった。今後ともニュースレターを皆様どうぞよろしく!

●ニュースレター松本の自己紹介

はじめまして。松本麻美といいます。今月から発行するニュースレターを担当します。私のarcとの出会いは、「女性2人で創刊 言論誌が10周年(見出し)」神奈川(2012年01月26日 朝日新聞)という記事をインターネット上に発見したことです。実際にarcを読んで、内容の面白さに魅了されました。これからお届けしていくニュースレターを楽しんでいただけると幸いです。

●今月の人

今月の人は、レイチェル・カーソンさんです。

レイチェル・カーソンさんは、1907年5月27日、アメリカのペンシルベニア州に生まれ、著書『沈黙の春』で、環境問題と共に彼女自身の環境への思いが広く知られることとなりました。

彼女は著書の一つである、『センス・オブ・ワンダー』の中で、こう語っています。「子供たちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。残念なことに、わたしたちの多くは大人になるまえに澄み切った洞察力や、美しいもの、畏怖すべきものへの直感力を鈍らせ、あるときはまったく失ってしまいます。・・(中略)・・この感性は、やがて大人になるとやってくる倦怠と幻滅、わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること、つまらない人工的なものに夢中になることなどに対する、かわらぬ解毒剤になるのです。」(上遠恵子訳・新潮社発行) 一時的な事に囚われがちな現代ですが、彼女の言うように洞察力や直感力を澄み渡らせることによって、物事の本当の姿を見、本当の道が見えてくるのではないでしょうか。(松本)

●今月のニュース 

今回の『アンネの日記』に関する犯人の行動は、私の中に眠っていた 怒りではない「ある思い」をひきだした。それは~自分への叱咤のようなものだ。20代で『夜と霧』をよみ、読み終えた時には、いいようのない怒りがわいた。 その後、「シンドラーズリスト」や「ソフィーの選択」「戦場のピアニスト」 などを見たときも同じ怒りが湧いた。しかし今回は違った。
在英時代から続いている友人が数人いる。その中にユダヤ人も数人いる。 彼女たちは当初、英国人と言ったが、なにかのおりに・・・「じつは、私は・・・」とユダヤ人である出自を語った。『アンネの日記』が逆効果で書店で売れているようだが、何がどう化学反応をおこすか だれも予測のつかない時代だ。(津田のツィッターより)

●レイラインからのお知らせです~

 ☆arc/17に渾身のエッセイ「河童の覚悟」を寄稿していただきました堀越千秋画伯が、3月10日(月)5時30分~5月18日(展示)まで、「堀越千秋のわびさびあそび」展を開催しています。場所は汐留のパークホテル。http://www.chiakihorikoshi.com/

なお、3月4日発売の週刊朝日より、堀越画伯のグラビやページでの連載も始まりました。こちらもよろしくお願いします。

 ☆arc/17での津田大介さんとの対談が好評だった京都造形芸術大学の椿昇教授のコミッションワークが兵庫県立美術館ミュージアムロードに3月末より設置されます。神戸に行ったら是非見学を!http://greenz.jp/2014/01/27/setouchikokusaigeizyutusai/

 津田大介さん ブログ http://tsuda.ru/

 ☆3月21日(金)arc/16に登場していただいたテレビディレクター川崎彰子さんの番組がNHK BSプレミアムで午後9時から」放映されます。 体感!グレートネイチャー探検!オーストラリア 緑の大峡谷~グレーターブルーマウンテンズ~ NHK BSプレミアム http://www4.nhk.or.jp/greatnature/

arcニュースレターNO1、いかがでしたでしょうか。

 次号からは本誌である「arc」について紹介をしていきたいと思います。 では、またお会いしましょう。 (松本より)

Leyline-Publishing

進化する時代の出版社 レイライン

T&F 044-788-6814

www.leyline-publishing.com

info@leyline-publishing.com


コメント

●arc世界連邦政府憲法 試案
●arc THE CONSTITUTION OF
THE UNITED WORLD GOVERNMENT
TENTATIVE PLAN
●arc世界連邦政府憲法
試案/Q&A



新刊案内

2015.10.7 arc19号発刊!
arc19 2014.10.7 arc18号発刊!
arc18
2013.10.13 arc17号発刊!
arc17
2013.5.30
 『ハラハラ、ドキドキ、
 なぜ歩くの、智恵子さん』
 発刊!
arc15
2013.3.21
『進化する政治経済学』発刊!
arc15
2012.10.12 arc16号発刊!
arc17