文字とデザインにこだわる、それがレイラインパブリッシングです。 スタッフの鋭敏な感性と豊かな想像力で1冊1冊の本を大切に作り続け、読者にお届けします。ただ今10月11日発刊arc15号購読受付中


ホーム >> 編集長のブログ >> アッラーと鳴く近所のカラス

編集長のブログ

アッラーと鳴く近所のカラス


2・3年ほど前から近所のカラスが「アッラー!アッラー!」と鳴きはじめた。はじめは空耳かと思ったが、大きな鳴き声は増すばかりで間違えようもなかった。

今年は、それに加えて「ニャン!ニャン!ニャン!」とか、「ワン!ワン!ワン!」という鳴き声も加わり、このカラスのことはいつか書こうと思っていた。

上記の「アッラー!」が2回なのに対して、「ニャン!」とか「ワン!」とかが続けて3回なのも面白い。このカラスが通常の「カーア」と鳴いているのは聞いたことがない。

近辺にはまだ木立が繁っている丘陵や、雑木林が残っているのでカラスは20羽くらいは生息しているようだ。それにしてもなぜ「アッラー!」なのか、家人が言うには、以前マンションの手すりにとまっている大きなカラスと遭遇し、「あら!」と驚きの声を上げたあげたことがあるという。きっと他にもそういう「あら!」をこのカラスは何度か聞き、「アッラー!」と鳴くようになったのだろう。憶測にすぎないが、それ以外の理由があるとしたら、不気味である。遠い中東の騒乱を察知して、「アッラー!」と鳴き始めたとしたらまるで予言鳥である。モハメットが生きていたらきっと大いに喜び、カラス捕獲禁止令でも出していたかもしれない。


コメント

●arc世界連邦政府憲法 試案
●arc THE CONSTITUTION OF
THE UNITED WORLD GOVERNMENT
TENTATIVE PLAN
●arc世界連邦政府憲法
試案/Q&A



新刊案内

2015.10.7 arc19号発刊!
arc19 2014.10.7 arc18号発刊!
arc18
2013.10.13 arc17号発刊!
arc17
2013.5.30
 『ハラハラ、ドキドキ、
 なぜ歩くの、智恵子さん』
 発刊!
arc15
2013.3.21
『進化する政治経済学』発刊!
arc15
2012.10.12 arc16号発刊!
arc17