文字とデザインにこだわる、それがレイラインパブリッシングです。 スタッフの鋭敏な感性と豊かな想像力で1冊1冊の本を大切に作り続け、読者にお届けします。ただ今10月11日発刊arc15号購読受付中


ホーム >> 編集長のブログ >> 尋常ならざるもの

編集長のブログ

尋常ならざるもの


 昨日、椿さんから、大震災後に京都造形芸術大学で発足した、震災支援の再生自転車プロジエクトの話を聞いた(下記参照)。そのとき三陸海岸沿いの瓦礫の向こうに、赤い自転車が走るのが見えた。自転車はすべての瓦礫を無化するほどの尋常ならざる明るさを放っていた。

むろん、幻視である。本物のアーティストに宿る現実を凌駕してしまうこのような跳躍!それを私は求めていた。このプロジェクトが被災地での復興活動に現実的に寄与することは当然であるとしても、それ以上のもの、つまり「普通に生きる人々」に尋常ならざるインパクトを与えてしまう何か。未来の希望に直結する何か。途方もない活力のイメージだ。東北の大地の底、日本の歴史の源にあるものが一瞬にして放たれる。細かく分かたれ、矮小化された人の命の変革。明るい、途方もなく明るい反逆!たった1台の赤い自転車が走りだして起こる革命!

  VFP9

([編集長のブログ」原文は、青フォントのタイトルをクリックして読んでください。原文の改行が反映されています。)


コメント

●arc世界連邦政府憲法 試案
●arc THE CONSTITUTION OF
THE UNITED WORLD GOVERNMENT
TENTATIVE PLAN
●arc世界連邦政府憲法
試案/Q&A



新刊案内

2015.10.7 arc19号発刊!
arc19 2014.10.7 arc18号発刊!
arc18
2013.10.13 arc17号発刊!
arc17
2013.5.30
 『ハラハラ、ドキドキ、
 なぜ歩くの、智恵子さん』
 発刊!
arc15
2013.3.21
『進化する政治経済学』発刊!
arc15
2012.10.12 arc16号発刊!
arc17