文字とデザインにこだわる、それがレイラインパブリッシングです。 スタッフの鋭敏な感性と豊かな想像力で1冊1冊の本を大切に作り続け、読者にお届けします。ただ今10月11日発刊arc15号購読受付中


ホーム >> スタッフのブログ >> 書店営業ダイアリー③ 本は生きている!

スタッフのブログ

書店営業ダイアリー③ 本は生きている!


雑誌arcや、他の書籍の営業などでここ8年間で関東近県の
数百もの書店を廻ったが、「本は生きている!」と強く感じる。

それは~同じ書店で、同じ書籍が、書店(書店人さん)の売る
気持ち(気分・思い・気力・気合いetc.)で、売れたり、また
売れなかったりすることを何度も経験したからだ!

昨日、都内のあるアート系書店にいくと、店長から「あの
POPをつけてから売れました!」との嬉しいお話しを聞け
嬉しかった!(前日、ある書店がバックヤードに書籍を置いて、
売れていない報告が(いやいや、売っていなかった)あって
軽いショックを受けたので、殊更嬉しかった)

ある書店では~「同じ書店」の「同じ書籍」が、担当者が変わって
「全く売れなくなった」こともある。

一番驚いたのは~「ブックデポ書楽」の社長さんに「目立つ
ところに置いてくださいね!」とお願いした書籍が、それまで
何ヶ月も売れなかったのに~それから1週間くらいで補充注文が
入ったことだ。

売る方(書店・書店人さん)だけではなく~もしかすると
営業するこちらにも、「生きている本」が人間の「気」を感じるの
かも知れない。

気合い(気力を充実させて、しかも楽観的に、無欲に)を入れて
営業した書籍が、1週間くらいで売れたことが何度もある。
(それでも~ちょっとの期間売れないと、たちまち返品される
という厳しい現実もありますが)

「本は生きている」と思うので~しばらく売れていない書店に
行くと、ついつい「買っていただくのよ!」と書籍に軽く触れて
「気」(エネルギー)を入れたりしている・・・私って怪しい!?
                         (み)


コメント

●arc世界連邦政府憲法 試案
●arc THE CONSTITUTION OF
THE UNITED WORLD GOVERNMENT
TENTATIVE PLAN
●arc世界連邦政府憲法
試案/Q&A



新刊案内

2015.10.7 arc19号発刊!
arc19 2014.10.7 arc18号発刊!
arc18
2013.10.13 arc17号発刊!
arc17
2013.5.30
 『ハラハラ、ドキドキ、
 なぜ歩くの、智恵子さん』
 発刊!
arc15
2013.3.21
『進化する政治経済学』発刊!
arc15
2012.10.12 arc16号発刊!
arc17