文字とデザインにこだわる、それがレイラインパブリッシングです。 スタッフの鋭敏な感性と豊かな想像力で1冊1冊の本を大切に作り続け、読者にお届けします。ただ今10月11日発刊arc15号購読受付中


ホーム >> 編集長のブログ >> 『猫を抱いて象と泳ぐ』

編集長のブログ

『猫を抱いて象と泳ぐ』


もう一度、J・S・ミルを読もうと思った後、こんどは、マルクスもケインズも、もう一度おさらいしたほうがよいのではという、欲張りな気持が芽生えてきた。だいたい様々な哲学書や経済学の本を読んだのは、もう30年ほど前のことである。そのころの私なりの感想を、現時点の状況に照らし合わせて、検証してみたいという気持ちもあった。

そんなことで、マルクスとケインズの本を図書館で借りてきたのだが、その翌日、小川洋子さんの『猫を抱いて象と泳ぐ』(文藝春秋)が本屋に平積みになっていたので思わず購入してしまった。

その日から、マルクスもケインズもほっぽりぱなしで、私はこの小説に夢中になった。

もう、頭の中全部が、リトル・アリョーヒンの世界に移行して、現実の時間は消えてしまった。

結論だけ言おう。この小説は単に小川洋子さんの最高傑作というだけでなく、この数十年、日本文学といわれている雑多な作品の中でも、文句なしの最高傑作である。猫と、象と、好きな動物ばかりがタイトルに入っていたという理由だけで手にとったのが・・・・・・大当たり!であった。

それからは、もうマルクスもケインズもどうでもよいという気分で、私の頭は完全に別の世界に移行してしまった。

2009年1月25日


コメント

●arc世界連邦政府憲法 試案
●arc THE CONSTITUTION OF
THE UNITED WORLD GOVERNMENT
TENTATIVE PLAN
●arc世界連邦政府憲法
試案/Q&A



新刊案内

2015.10.7 arc19号発刊!
arc19 2014.10.7 arc18号発刊!
arc18
2013.10.13 arc17号発刊!
arc17
2013.5.30
 『ハラハラ、ドキドキ、
 なぜ歩くの、智恵子さん』
 発刊!
arc15
2013.3.21
『進化する政治経済学』発刊!
arc15
2012.10.12 arc16号発刊!
arc17